顧問税理士とは

顧問税理士とは

顧問税理士とはいったいどのような立場の方なのでしょうか、なんとなくわかっているようでよくわかっていないという人も少なくないのではないでしょうか。

税理士というと申告書などの作成を行ったりする税の専門家というイメージが強いと思いますが、申告の際などにお世話になるということであれば、顧問税理士が年間を通じて必要となってくるのかどうか疑問を感じる人も少なくないのかもしれません。

顧問税理は通常の税理士とは、ちょっと違ってきていると考えた方が良いのかもしれません。

顧問税理士の場合には、顧客を顧問契約を交わして初めてなるものです。

顧問税理士になることで、その顧客の税理のあらゆる面で様々なアドバイスなどを行うようになってきますから、申告だけにかかわらずあらゆる面で細かくアドバイスを行ってもらうことができるということになってきます。

実際に顧問弁護士ということでどのようなことを行うことになるのかというとまずは、税務に関する様々なアドバイスなどですが、他にも税務以外の経営に関するアドバイスや相談など、税務調査に対する対応、そして業務のアウトソーシングなどになってきます。

税務に関するアドバイスなどはとても重要なものとなってきますが、それと同時に企業にとってとても重要なものとなってきているのが業務のアウトソーシングになります。

業務のアウトソーシングとは

業務のアウトソーシングとは、要するに業務を外部委託するということになりますが、税理士と顧問契約を行うことで、日々の記帳に始まり、給与計算、年末調整などの会計業務を外部委託することができます。

こういった業務に関しては、もちろん、会社の中で行うこともできるものとなってきますが、外部に委託することで会社の社員は営業活動などに集中することができることになります。

会社内で行う場合には、どうしても経理担当者が必要となってきてしまったり、分業して通常の営業などの業務と並行して行うということが必要となってきますから、業務に集中することができないということにもなってきます。

本来の業務に集中することで会社の利益を上げることにもつながるということになってきます。

他にも常に専門の税理士が経理を把握してくれることでより適切な対応をその都度行うことができるというメリットもあるでしょう。

大企業ともなってくれば専門の部署を置くということもできますが、中小企業の場合には、限られた人員の中で、様々なことをこなすことが必要となってきますから、アウトソーシングは重要なものとなってくるでしょう。

参考サイト:神戸の顧問税理士比較サイト

参考サイト:神戸の税理士ランキングサイト

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士に基礎知識

顧問税理士のお役立ち情報

口コミ・評判