顧問税理士 > 顧問税理士に基礎知識 > 確定申告について

確定申告について


確定申告って必要なの?

確定申告というのはまず最初にその年の1月1日から12月31日までの一年で得た収入を合わせて、それにかかる税金を計算します。
そして次の年の2月16日から3月15日までの期間に申告し、税を納める事を指しています。

聞いた事はあるけれど何だか良く分からないと言う人も多いと思いますが非常に大切な事です。
税金として納めた金額の一部を前払いしているケースもありますが、その場合は確定申告を行う事によって過不足分を精算、または調整する事が出来るのです。

確定申告をしないといけないケースとしては、職場で貰う源泉徴収の給与所得控除後という欄が何も書かれていない場合です。
空欄になっている方は年末調整を受けていないので確定申告を行って調整を行うようにして下さい。

確定申告を必要としない人の場合は、年間の収入が103万円以下の方になります。
その場合は差し引くと税金が0になりますので、確定申告はしなくても良いという訳です。

法人や個人事業主やサラリーマンなど、人それぞれで異なりますが確定申告を行っていないと延滞税や無申告加算税などといったペナルティが通告される場合があります。
そうならないためにも、自分は確定申告を行わなければいけないのか?をしっかりと確認しておく事が必要です。

確定申告をしないとどうなるのか?

確定申告の義務があるのにも関わらず申告していないとペナルティがかかってしまいます。
それはワザとにしろ、忘れていたにしろ罰として課せられるので気を付けましょう。

確定申告の期限までに申告、または納税をしなければ延滞税や無申告加算税などといったペナルティがかかってしまい、場合によっては非常に高い税金がかかってしまう事になるので確認が大切です。

無申告加算税というのは期限までに確定申告を申請しなかった時に課せられるもので、罰として追加で税金を支払わなければいけません。

確定申告の期限と言うのは支払わないといけない税金を納めていく期限でもあるので、この日までに全ての税金を支払い終えなければ延滞税がペナルティとして課せられます。
基本的に期限の次の日から納付を行うまでの日数への本税を対象とする利息が延滞税となる事を覚えておきましょう。

確定申告についてもっと知りたい方はこちらのサイトへ

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士に基礎知識

顧問税理士のお役立ち情報

口コミ・評判