顧問税理士 > 顧問税理士のお役立ち情報 > 社会福祉法人 監事 顧問税理士

社会福祉法人 監事 顧問税理士


社会福祉法人とは?/

社会福祉法人とは、社会福祉事業を行うことを目的として設立された公益法人です。
障害者や高齢者を対象とした福祉施設や保育園、病院や診療所なえどの医療機関の運営主体となります。
介護福祉士や保育士を養成する学校を運営している法人もありますね。
公共性がきわめて高く、営利を目的としない社会福祉事業を目的とした法人が社会福祉法人なのです。

社会福祉事業とは?

社会福祉事業は、公共性が高く、社会的支援が必要な人に大きくかかわる第一種社会福祉事業と、その事業によって社会福祉の増進に寄与し、これに伴う弊害が比較的少ない第2種社会福祉事業があります。
第1種境福祉事業は、民間で行う場合、原則として社会福祉法人でなければなりませんが、第2種社会福祉事業は、法人の自主性を重んじ、経営主体に制限を設けていません。

監事と顧問税理士

社会福祉法人の監事数は、2名以上とされており、監事のうち1名は「財務諸表等を監査し得る者」、もう1名は「福祉事業について学識経験を有する者又は地域の福祉関係者」とされています。
他の役員と親族等の特殊の関係にある者や、当該社会福祉法人に係る社会福祉施設の整備又は運営と密接に関連する業務を行う者は、監事になることはできません。
ですから、法人の顧問弁護士、顧問税理士・社会保険労務士等の者は監事になれないのです。

社会福祉法人の経営の健全化

社会福祉は「人から人へのサービス」という部分が大きく、人件費がかさむため、経営の悪化はすぐさま人件費の削減へとつながります。
人件費の削減によって不利益を被るのは従業員だけではなく、利用者にとっても大きな問題です。

顧問税理士は、経営を見通し、理事や代表者に適切なアドバイスを求められます。
公益法人の税務調査が強化されている現在、顧問税理士へのニーズは高まっているのです。
顧問契約料は一般企業と比べると安く、社会福祉活動はボランティアという意識が根付いているのが現状ですが、経営の健全化を目指し、様々な活動を行っています。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士に基礎知識

顧問税理士のお役立ち情報

口コミ・評判