顧問税理士 > 顧問税理士に基礎知識 > 顧問税理士契約書

顧問税理士契約書


顧問税理士契約書とは

顧問税理士契約書は、顧問契約を交わす際に書面にして契約する為のものとなてきますが、実情としては、こういった契約書などを作ることなく、口約束などでお願いしているようなケースがとても多くなってきます。

口約束で契約をしてしまうことが多いことから顧問税理士料の請求の際に、トラブルになることも少なくないようです。

トラブルなどを避けるためにも税理士と顧問契約を結ぶ際には、必ず書面での契約書を作成するようにした方が安心でしょう。

顧問税理士といっても契約する企業によって、業務の内容や量など違いがありますから、どういったことを行ってもらうのかその料金など明確にしておくことがトラブルを回避する為には重要なものとなってきます。

なかには、顧問契約を結んだものの請求がいくらいになるのかドキドキしてしまうという企業もあるようですが、こういった状態は、決して良いとは言えないでしょう。

想像していた以上の額の請求となってしまうとトラブルに発展するのも無理のないこととなってしまいますから注意しましょう。

顧問税理士契約書に必要なことは

顧問税理士契約書も大体の中身は似たような感じのものとなってきますが、それぞれの企業などによって、その内容も違ったものとなってきます。

基本的には、いつから顧問契約が発せすることになるのか、どういった業務を行うのか、訪問は、どういった際に行うのか、業務の費用といったものを記載することになります。

業務の費用に関しては、例えば年末調整を行えばいくらといったような感じになってきますが、年末調整なども社員の数などによって業務量が大きく変わってきますから、一律ということはなく、人数で費用をかえるなどといったことも必要となってくる場合もあります。

契約書は一方的に作成するわけにはいきませんから、お互いにどういったものにするのかよく相談して作成していくことになるでしょう。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士に基礎知識

顧問税理士のお役立ち情報

口コミ・評判