顧問税理士 > 顧問税理士に基礎知識 > 顧問税理士 会計ソフト

顧問税理士 会計ソフト


会計ソフトのメリット

会計ソフトが普及する前は、帳簿は手書きで作成していました。
手書きによる間違いなども多く、顧問税理士にすべてを任せているといった方がほとんどではなかったでしょうか。

会計ソフトを導入すると、手書きとは違い、毎月の業績をリアルタイムで把握することができます。
また、これまで会計や税務業務に費やされてきた人件費や時間を削減することもできます。
計算間違いなどはほとんどありませんし、仮に間違いがあった場合でも、簡単に修正をすることも可能です。
青色申告を行っている個人事業主でしたら、会計ソフトの導入が複式簿記の要件を満たしているため、特別控除の適応を受ける事もできます。

顧問税理士は不要?

会計ソフトを導入したので、顧問税理士が不要になったと考える方も多くいらっしゃるようですが、実際はそうではありません。
なぜなら、顧問税理士にとって、会計ソフトが行う会計処理業務は主な業務ではなく、付随業務なのです。
顧問税理士にとっての主な業務は、税務申告の代理と税務書類の作成代理、税務相談となっているからです。

つまり、会計ソフトで会計処理ができても、税務申告書を作ることができないということです。
もちろん、会計ソフトの中には申告書の作成機能を付随している商品もありますが、それは個人の所得税申告書のためのものであり、法人申告書のためのものではないのです。
法人申告書は、非常に複雑になっており、専用の税務申告ソフトもありますが、価格も高く、種類も豊富ではありません。

やはり、顧問税理士に内容をチェックしてもらいながら申告書を作成していただくというのが本筋となるでしょう。

黒字が多ければ多いほどニーズは高まる

申告書は、赤字であれば最低限の税金を納めるだけでよいので、そう大きな問題にはなりませんが、黒字が多ければ多いほど、慎重に申告書を作成する必要があります。
利益が大きい場合には、申告の内容で税金が変動するのです。
会計ソフトや申告ソフトの普及が増えても、顧問税理士へのニーズが高いのはこうした理由があるからです。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士に基礎知識

顧問税理士のお役立ち情報

口コミ・評判