顧問税理士 > 顧問税理士に基礎知識 > 顧問税理士 印紙

顧問税理士 印紙


顧問税理士の印紙は

顧問税理士の方から発行してもらった領収書などには、印紙が貼られていません。

疑問に感じたことがある人もいるかもしれませんが、税理士の発行する領収書に関しては印紙を貼る必要がありません。

これは、印紙が必要となるのは、課税文章に当たる場合となり、簡単に言うと営業に関係している受取書は課税対象となるために印紙が必要ということになります。

税理士は、商行為に該当しない営業者となってきます。

商行為に該当しない営業者とは、医師、あん摩、マッサージ、指圧師、弁護士、司法書士などの自由職業者や農林漁業者、サラリーマンなどなっており、こういった職業の人は、営業者にはなりませんから、領収書にも印紙などが必要ないということになっています。

税理士の場合には、この自由職業者に該当する為に領収書に印紙をはる必要がないということになってきます。

印紙税は業務外

税理士が発行する領収書に関しては、印紙が必要ないということになっていますが、こういった印紙税などもなかなかわかりにくいものとなっています。

顧問税理士に相談したいということもあるでしょうが、実は、税理士の業務の中に、印紙税ははいっていません。

税理士ということで税務のことであれば何でもあれと考えている人も少なくないでしょうが、印紙税や関税、登録免許税といったものも税理士の業務外となっています。

同じ税金ではないのかという感じもしますが、税理士といっても税金のすべてを業務として行っているということではないのです。

もちろん、相談してもわかる範囲で、相談にのってもらうことはできるでしょうが、基本的には、業務外となっていますから、詳しい内容などは、他で相談した方が良いのかもしれません。

税金に関しては、税理士のような専門家でないとわかりにくい部分もとても多くありますが、わからないままにしてしまうと必要以上の税金を納めてしまうということもありますから、しっかりと内容を理解して税金を知ることもとても重要なことになってきます。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士に基礎知識

顧問税理士のお役立ち情報

口コミ・評判