顧問税理士 > 顧問税理士に基礎知識 > 顧問税理士 報酬

顧問税理士 報酬


顧問税理士の報酬は

顧問税理士をお願いする際には、できるだけこちらの条件に合う税理士さんを探したいと考えるでしょうが、それに伴ってくるのが費用の問題でしょう。

どの位の報酬が必要となってくるのかは、とても重要な問題となります。

こちらの条件に当てはまる税理士さん、腕の良い税理士さんが良いといったことはだれもが考えることですが、報酬の方もしっかりと考えないといけません。

顧問税理士の報酬に関しては、どこまでの業務を行ってもらうのか、従業員の人数などの企業の規模などによってもちがってきますから、一概に判断することはできませんが、月額で3~5万円程度となっていることが多いようです。

業種によっても違いがありますが、最低でも5万程度は考えておいた方がよいでしょう。

さらに決算をお願いすればその分の費用も必要となってきますが、これは、月々の報酬とは別になり、決算料ということで請求されることが多いようです。

決算料も作業の量などによって違ってきますが、だいたい30万円程度が必要となっていているようです。

報酬は、どうやって決める?

顧問税理士の報酬はどのようにして決めるのでしょうか。

顧問税理士の報酬に関しては、それぞれの会計事務所などで規定があったりしますから、それに従うことが多いようです。

契約を行う場合には、中小企業などの場合には、口約束でお願いしたということも少なくないようですが、最近では、きちんと書面で契約を交わすようになってきていますから、契約書の中にきちんと費用も記載されることになります。

税理士によってどういった内訳になっているのかも違ってきますが、まずは、どういった業務をお願いするのかが必要となってきます。

例えば月々の記帳と決算、年末調整をお願いしたいということであれば、それぞれの料金を出して月々の顧問料とプラスそれらの料金といった感じになることもあれば、基本的なものを含めたうえで月々の顧問料として契約するという場合もあります。

報酬を少しでも安くしてほしいということであれば、契約を交わす前に相談してみるとよいでしょう。

行う業務を少し減らしたりなどの方法もありますから、相談してみると以外とうまくいくかもしれません。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士に基礎知識

顧問税理士のお役立ち情報

口コミ・評判