顧問税理士 > 顧問税理士に基礎知識 > 顧問税理士 変更

顧問税理士 変更


顧問弁護士の変更を検討するということは決して珍しいことではありません。

長く事業が続いているような場合には、創業当時から同じ顧問税理士にお世話になっていたり、先代からお世話になっているといったことも少泣く泣く、顧問税理との付き合いもかなり長いものとなっているということは決して少なくないこととなっています。

長く付き合いがあるということは、相手もある程度の年齢になっているということもありますからやはり顧問税理士の変更を検討せざる得ないということもあります。

中には、付き合いが長いからのなーなーの関係になってしまっているということもありますが、やはり事業のことを考えると変更せざる得ないということもあるでしょう。

顧問税理士を変更するということは、決して悪いことになはなりませんし、税理士の方もそれぞれに得意なものなども違ってきていますから、事業に必要となってくる税理士の方を選択することは、事業を継続する上でとても重要なことになってくるでしょう。

長い付き合いの中で契約を解除することに抵抗を感じてしまうこともあるようですが、昔からの付き合いだからという理由だけでは、難しいこともありますから、そういった場合には、希望を税理士の方にお願いしてみるか思い切って契約を解除して他の方を探すのも方法となってきてしまいます。

顧問税理士は、契約をして顧問税理士として業務をおこなってもらっているということになるのですが、契約書などをきちんと交わしているようなことは以外に少なう多くの場合で口約束でお願いしているということが多いようです。

契約書のようなものがきちんと交わしてあるような場合には、契約期間などもあるでしょうから、その辺を参考に変更を検討するとよいでしょう。

問題は口約束ですが、これは、トラブルの原因になってくることもあるでしょうから、トラブルにならないようにまずは事前に相談など行うなど慎重に行うことも必要かもしれません。

顧問税理士を変更する理由は

顧問税理士を変更する理由は、事業所などによって様々あります。

事業の拡大に伴って現在の顧問税理士の方を変更したいといったこともあります。

一度顧問税理士になったもらうと付き合いが長くなるということも多いようですから、なかなか変更することに踏み切れない部分もありますが、会計事務所の規模によっては対応できないであろうという場合もありますから、やはり事業に必要な税理士の方に依頼することが必要となってくるでしょう。

顧問税理士の方に不満を持っているということも少なくないようです。

顧問税理の方にどこまでの業務を行ってもらうのかという問題もありますが、中には、顧問税理士といっても日々の経理を月に1回程度まとめて持ち帰り処理する程度で特に指導なども行わないということもあるようです。

会計処理の仕方なども重要な指導となってきますし、さらに顧問税理士ということであれば、事業者側として、経営状況などでのアドバイスなどもほしいところでしょうから、メリットが少ないような場合には、やはり変更ということもしかたのないことでしょう。

顧問税理士をお願いするような場合には、信頼できるといったこともとても重要なことになってきますが、以外と多い口約束ではなく、きちんと書面で契約を行うようにすることも大事なことですし、最初にしっかりとどういった業務を行ってもらうのかきちんと両方で理解しておくようにすることも大事なことになってくるでしょう。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士に基礎知識

顧問税理士のお役立ち情報

口コミ・評判