顧問税理士 > 顧問税理士に基礎知識 > 顧問税理士 契約書 印紙

顧問税理士 契約書 印紙


顧問税理士契約書の印紙の額は?

顧問税理士と印紙といってもピンとこない人もいるのではないかと思いますが、税理士と顧問契約を行う際に必要となってくるのが印紙となり、いくらの印紙をはればよいのかわからないという人も多いでしょう。

そもそも顧問契約書に印紙が必要になるの?と疑問を感じる人もすくなくないのではないかと思います。

契約書でも第2号文章に該当するもの、つまり課税文章に当たるものになると印紙が必要となってきます。

顧問契約書に関しては、委任に関する契約書になるのではないかという疑問もありますが、顧問契約書の場合には、その内容によって違ったものとなってきます。

印紙が必要となってくるのは、税務書類等の作成を目的として一定の金額を支払うことを約束した契約書になってきます。

つまり、法人税や事業税、住民税、消費税といった税務書類の作成や税務代理業務といたものが記載されているような場合には、第2号文章に該当してくるということになり印紙をはる必要が出てきます。

では、これに当たらない文章はというと医師やあん摩、マッサージ、指圧師、弁護士、司法書士などの商法において商業行為に該当していない業務を行っている場合には、課税文章には当たらないということになり、印紙も必要ないということになってきます。

この中には、農林漁業者やサラリーマンといった職業も含まれてきます。

いくらの印紙が必要?

顧問契約書を作成した場合には、いくらの印紙を用意すればよいのでしょうか。

顧問契約書に記載される契約金額によっても必要となる印紙の金額は、違ってきますが、契約金額が100万円以下ということであれば、200円の印紙が必要となりますから、多くの場合で200円の印紙が必要となってくるということでしょう。

ちなみに税理士が発行する領収書に関しては、印紙は必要ありません。

税理士の場合には、営業者ではなく自由職業者ということになってきますから、印紙を貼る必要がないということになります。

とてもわかりにくいものとなっていますが、わからない場合には、直接税理士の方に相談するとよいでしょう。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士に基礎知識

顧問税理士のお役立ち情報

口コミ・評判