顧問税理士 > 顧問税理士に基礎知識 > 顧問税理士 相場

顧問税理士 相場


顧問税理士の相場は

顧問税理士の相場はどのくらいなのでしょうか。

顧問税理士をお願いすることで経理の関係を外部にお願いすることができますから、その分本来の業務に集中することができるので企業などにとっては大きなメリットとなてきますが、そうは言っても費用が必要となってきますから、費用によっては、顧問契約を行うことが難しいということもあるでしょう。

顧問税理士の相場は、大体1ヶ月で3~5万円程度となっていることが多いということが言われていますが、実際には、企業の規模、行う業務の量などによって違ったものとなってきます。

ちなみに個人事業での顧問税理士の相場という場合には、月額で1~3万円程度ということがいわれていますが、こちらも規模や業務の量によって変わってきますから、一概にいくらと判断することは難しいでしょう。

あくまでも大体の目安と考えると良いということです。

顧問料の内容も税理士によって全く違ったものとなってきます。

例えば決算書の作成料といっても全く違ったものとなってきます。

月額の顧問料の3~4ヶ月分程度を決算書の作成料としていることが多いということも言われていますが、この中身も記帳を込みとしてこういった料金にしていることもあれば、記帳料は別に必要となる場合もありますし、同じように決算書の作成料も通常の顧問料に含んでいるということもあります。

企業の支払い能力などを考慮しているということもあったりしますから、あくまでも相場は、参考程度に考えてどの程度の業務を行ってほしいのかなどで相談してみることが必要です。

顧問税理士の顧問料を決めるのは

顧問会計士の顧問料がどのようにして決まるのかは、それぞれの会計士によって全くちがったものとなってきています。

顧問といってもどの企業でも全く同じ業務を行うということはなくそれぞれの企業に合わせた業務を行うことになりますから、一律で顧問料はいくらですといった料金設定を行うことが難しいものとなってきます。

顧問料自体は、大体毎月計算で相場というものもありますが、企業によって、どの位の業務量があるのかは全く違ったものとなってきますから、顧問料を決める場合には、そういった点も考慮されることが多くなっています。

会計事務所などによって、料金には、違いがありますから、それぞれの企業でどのくらいの量の業務を行ってもらうことを目的としているのかで顧問料も相談してみましょう。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士に基礎知識

顧問税理士のお役立ち情報

口コミ・評判