顧問税理士 > 顧問税理士に基礎知識 > 顧問税理士 解約

顧問税理士 解約


顧問税理士とのトラブル

企業にとって、顧問税理士は、企業の内情を知っている重要なポジションの人になります。
ですが、そのような顧問税理士とそりが合わない、勉強不足で頼りにならない、斡旋や勧誘が多いといったトラブルも多くあります。

顧問税理士は、会社の懐具合を全てわかっている人物ですので、コミュニケーションがうまくいかないような状態では、よくない事は当然ですね。
コミュニケーションを図るには、表面的な話だけではなく、本音でしっかりと税理士に望んでいることを伝えていきましょう。

税理士は税法のプロではありますが、幅が広いため、得意とする分野を持っています。
医療系に強い、ネット系に強い、飲食に強い、相続税や遺産分割に強いといった、それぞれが得意としている分野以外の知識は、浅いと考えた方がよいでしょう。

税理士なんだから、全てを知っていて当たり前と思っていると、頼りにならないという結果を招くことになってしまいます。
知らないことがあっても当たり前という気持ちに切り替えて接してみても受け入れられない場合には、それまでの度量しかない人だと見切りをつけるのもよいでしょう。

資産運用、節税といった斡旋・勧誘をされるのが困るという場合にも、そういうことは必要ありませんという事も伝えていきましょう。

それでもトラブルが続く場合には、解約するのもよいですね。

顧問税理士との契約解除のトラブル

顧問税理士との契約を解除する際、最も多いトラブルは、「会計資料をなかなか返却してくれない」というものです。
もちろん、すぐに返却をしてくれる税理士もいますが、何かと理由をつけて返却を渋る税理士もいます。

トラブルを未然に防ぐため「違約金の有無の確認」、「契約解除日を明確にする」、「引き継ぎまでのスケジュールを決める」ことが重要になります。
新しい顧問税理士とも相談し、解約をする税理士への確認事項や期限などをしっかりと伝え、預けている書類を全て返却してもらうように伝えましょう。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士に基礎知識

顧問税理士のお役立ち情報

口コミ・評判