顧問税理士 > 顧問税理士のお役立ち情報 > 顧問税理士 記帳代行

顧問税理士 記帳代行


顧問税理士に求めるもの

税理士は、税のプロというだけではなく様々な申告書の作成も行っています。
顧問税理士は、顧問契約を交わした税理士ですので、顧客とのコミュニケーションを図り、実情に合わせた税務に関するアドバイスを行い、経営に関する税務の相談に応じるのが役割です。
顧客企業が抱える特徴や問題点を誰よりも把握しているのが顧問税理士ですので、税務以外の経営に関する相談やアドバイスも求められることでしょう。

コミュニケーション不足であったり、そりが合わないといった場合には、顧問契約を解除し、信頼のおける税理士との契約に切り替えていくのも一つの手段です。

自分の会社の懐具合をすべてさらけ出さなければならない相手である顧問弁護士選びはみ、企業にとって大きな問題となってくるため、慎重に選んでいきましょう。
紹介されただけでは、自分の企業に向いている税理士さんなのかがわかりませんので、実際に会って、話をしてみてから判断する方がよいですね。

記帳代行のメリット

記帳を社員で行わず、顧問税理士や代行業者に頼むという企業が増えています。
経理社員を雇うよりも、こうした記帳代行サービスを利用した方が安く済む上に、専門外でわからないことも多い記帳業務から解放されるというメリットがあるのです。

特に創業したばかりの企業では、社長自身が記帳を行うことがほとんどですが、会計業務よりも本来の業務に専念したい時期にこうした記帳に時間を取られてしまうのは残念なことですよね。

また、税理士に記帳代行をお願いすることで、節税になるケースもあります。
節税のアドバイスを得られることもありますし、節税を考慮した処理をしてくれる場合もあるでしょう。
白色申告と比べると、青色申告は経費が認められる範囲も広く、個人事業主の場合ですと、複式簿記で記帳をすることで青色申告ができるようになるため、さらに節税ができるのです。

税の専門家による記帳代行は、丁寧で正確ですので、任せてみるとよいでしょう。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士に基礎知識

顧問税理士のお役立ち情報

口コミ・評判